阿南町

南信州祭り街道の里

文字サイズ変更

背景色・文字色変更

阿南町トップページ > 町民の方へ > 保険・年金 > 国民健康保険 > セルフメディケーションのすすめ

町民の方へ暮らしの情報など

サブメニューを表示

表示/閉じる

保険・年金

セルフメディケーションのすすめ

セルフメディケーションとは

 セルフメディケーションとは、「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」と定義されています。日ごろ、ケガした指に絆創膏を貼ったり、風邪気味かなと思った時に市販薬を飲むことがあると思いますが、具体的にはそういったことです。

 このセルフメディケーションをひとりひとりが実践すると医療費の削減効果が大きいことから政府も様々な施策でセルフメディケーションを推進しています。市販薬の中でも「OTC医薬品」の購入費用が所得控除の対象となる「セルフメディケーション税制」もそのひとつです。

セルフメディケーション実践のポイント

 セルフメディケーションに正しく取り組むためには、自分の健康は自分で守ることを意識しつつ、体調や薬については専門知識を持った人に相談することが大切です。

① 日ごろの健康管理

 バランスのよい食事と適度な運動、そして十分な睡眠の確保を心掛け、体に備わる免疫力を高めておきましょう。健康診断を受け、かかりつけ医や保健師等に相談しながら生活全般を定期的に見直しましょう。

② 市販薬の使用

 風邪気味だ、頭が痛い、胃腸の調子が悪いなど、日ごろよく経験する症状は市販薬を使用し、無理せず休むことで治ることも多いでしょう。病気や薬についての情報はインターネットなどでも得ることができますが、不十分な知識では悪い結果を招くことも考えられます。わからないことは自己判断せずに薬局の薬剤師に相談することをお勧めします。