阿南町

南信州祭り街道の里

文字サイズ変更

背景色・文字色変更

阿南町トップページ > 町民の方へ > 保険・年金 > 国民健康保険 > 特定健診・特定保健指導

町民の方へ暮らしの情報など

サブメニューを表示

表示/閉じる

保険・年金

特定健診・特定保健指導

特定健診ってなに?

1.生活習慣病予防のための健診です。

 現在、高齢化の進行に伴い、疾患全体に占めるがん、虚血性心疾患、脳血管疾患、糖尿病等の生活習慣病の割合が増加傾向です。また、死亡原因でも生活習慣病が約6割を占めています。糖尿病等の生活習慣病は、若い時からの生活習慣を改善することで、その予防、重症化や合併症を避けることができると考えられており、生活習慣を見直すための手段として特定健診・特定保健指導が始まりました。

2.メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目し、保健指導を実施します。

 高血圧や糖尿病などは別々の病気にみえて、実は根っこがつながっメタボ氷山.pngていることがあります。内臓脂肪がたまると、脂肪細胞から身体に悪さをする物質が分泌されて、いくつもの病気が現れてきます。もぐらたたきのようにひとつひとつの病気に対して薬を飲むようになる前に、たまってきた内臓脂肪を早めに落としておくことで、効率よく病気が予防できると考えられています。特定保健指導では、内臓脂肪の蓄積により血液検査や血圧に影響が出始めている方を対象に、保健師・管理栄養士が6ヶ月間、減量のお手伝いをします。内臓脂肪と皮下脂肪[1].png


3.医療保険者が主体となり実施します。

 私たちが医療機関を受診するとき、健康保険証を提示すれば医療費は全額でなく一部の負担だけで済みます。残りは個人が加入している医療保険者が保険料のプールの中から負担するわけですが、高齢化が進み、医療費が増大する中、医療保険制度の運営はますます難しくなってきています。そこで、医療保険者が加入者の健康管理に責任を持ち、予防できる病気は早めに予防して医療費を抑える努力をすることになっています。

特定健診を受診するには?

 特定健診については、ご加入の健康保険組合から皆さんの職場やご自宅に案内がされています。お勤めの職場やご加入の健康保険組合のホームページ等ご確認ください。

阿南町国保にご加入の方が特定健診を受診するには?

①町の生活習慣病健診、国保人間ドック、脳ドックを受診する。

②阿南町国保の発行する受診券を持参して、指定医療機関で受診する。

③職場健診の結果を役場へ提出する。             

④かかりつけ医での検査結果を役場へ提出する。(特定健診の必要項目を満たしている場合に限ります。)

◎阿南町国保では受診率60%を目指しています!!

H20 H21 H22 H23 H24 H25 H26 H27 H28
阿南町国保の受診率(%) 40.2 50.5 51.0 53.6 60.6 51.6 53.6 52.5 56.9

◎治療中の方も特定健診の対象です!!

外来の診療では、診断されている病気またはその疑いのある病気の検査しかできません。いつもの診療とは別に、年に一度は健診を受け、生活習慣病全般を検査をするようにしましょう。

阿南町国保データヘルス計画

 平成25年6月14日に閣議決定された「日本再興戦略」において、「全ての健康保険組合に対し、レセプト等のデータの分析、それに基づく加入者の健康保持増進のための事業計画として「計画」の作成、公表、事業実施、評価等を求めるとともに、市町村国保が同様の取組を行うことを推進する。」こととなりました。

 このような背景を踏まえ、阿南町においてもPDCAサイクルに沿った効果的かつ効率的なの実現に向け、「保健事業実施計画(データヘルス計画)を策定しました。

阿南町国保データヘルス計画★概要版.pdf (阿南町)データヘルス計画H30~H35.zip

第1期計画の評価と第2期計画の目標

 高齢化が進み、介護保険の負担が大きい当町では、身体機能や認知機能に障害を残し、生活の自立度を低下させる脳血管疾患の予防を最優先に取り組んできました。第1期を通じ、脳血管疾患にかかる費用や患者数の割合はほぼ変わりありませんでしたが、そのリスクとなる高血圧や脂質異常症については、健診の有所見率が低下しました。

 第2期は、引き続き脳血管疾患と慢性腎不全にかかる医療費や患者の割合を減らすことを長期的な目標とし、共通のリスクとなる、高血圧、脂質異常、糖尿病の総医療費に占める割合を抑制します。そのために、健診受診率の向上と、重症予防の取組に力を入れていきます。

お問合せ先

民生課健康支援係
TEL 0260-22-4051
FAX 0260-22-2576
E-mail minsei@town.anan.nagano.jp