阿南町

南信州祭り街道の里

文字サイズ変更

背景色・文字色変更

阿南町トップページ > 地区の情報 > 大下条地区 > 遅ればせながら、みんなで走ろう駅伝競走大会ネタ

地区の情報

サブメニューを表示

表示/閉じる

大下条地区

遅ればせながら、みんなで走ろう駅伝競走大会ネタ

例年4月中に開催していた「阿南町みんなで走ろう駅伝競走大会」ですが、今年は統一地38th駅伝1.JPG方選挙などがあったため、ゴールデンウィーク中の5月3日に、61チームの参加を得て開催しました。

コミュニティの森をスタートし、見名のバス停で折り返し、早稲田の旧道を井戸方面に向かい、㈱サンテクトさんの倉庫のところまでが1区。この区間は下りが多く、気をつけないと膝を痛めます。2区はそのまま国道151号に出て、門原方面へ。小中尾峠を越えて旧道に入り、3区へタスキをつなぎます。ここは、区間の中でも走りやすい区間です。3区は、国道から旧国道を「かじかの湯」方面へ降りて、また国道に戻り、クロネコヤマトさんの先まで。結構登りが多いです。4区は、粟野のメインストリートを通る花のエース区間。距離も区間の中で一番長いです。門原の佐々屋さん前の坂がきついです。5区は2区を戻ります。小中尾峠までの坂を攻略すれば、あとはゆるい下り坂になり、記録を伸ばせるところです。6区は、最もきつい区間といわれていて、なんといっても最後の上り坂が地獄です。「がんばって!」と声をかけられてもがんばれないほどです。

今回の一般の優勝チームは「一中入邊帝国HZ」、女子は「二中女子ファイヤー」、小学生は大下条小学校「ふちっこA」でした。

今回、阿南消防署と阿南警察署の皆さんが38回の歴史上初の参加をいただきました。阿南消防署の皆さんは、走るだけでも苦しいコースにもかかわらず、人命救助のためにAEDを背負っての力走。日頃の鍛錬が光りました。阿南警察署の皆さんは、特殊詐欺防止をPRするために参加。県警のマスコット「ライポくん」もやってきて、いっしょに写真を撮ってもらったり大人気でした。もしかしたら、ある意味ライポくんは選手より体力を使ったかもしれません。こりずに来年もぜひ来ていただきたいと思います。38th駅伝2.JPG

詳しい記録は、町の公式ホームページに掲載していますので、興味のある方はご覧ください。

阿南町みんなで走ろう駅伝競走大会記録