南信州祭り街道の里

宮下家住宅

和合の宮下家住宅

宮下家住宅は、江戸時代中頃なかごろ(1700年頃)の建築で、長野県の中南部に見られる本棟造ほんむねづくりの母体と考えられる「棟持柱むなもちばしら構造」が特色の民家住宅である。外観からもわかる棟持柱は、水平に伸びる棟木むなぎを直接支え、民家建築の技巧や変遷を見る上で貴重である。

菅原道真が先祖といわれる宮下家は、1332年に遠州宮口(現静岡県浜松市宮口)より、「大明神だいみょうじん」を携えてこの地に移ったとされる。熊野社にはこの伊良湖大明神も祀られている。また、林松寺の創建にも関わっている。

江戸時代に庄屋をつとめてきたことから「大家おおや」と呼ばれ、16金吾善衡きんごよしひら雷公吾郎らいこうごろうすけ)が川中島より念仏踊りを伝えたといわれている。813日から始まる「和合の念仏踊り」は、宮下家の庭も舞台の一つで昔の面影を今に伝える。

 

この記事に関するお問い合わせ

振興課商工観光係

TEL 0260-22-4055

FAX 0260-22-2576

mail sinkou@town.anan.nagano.jp